タグ:Myrna nazzour ( 4 ) タグの人気記事

ミルナ・ナズールの聖痕

f0340134_00142827.jpgミルナ・ナズールさんに聖痕が現れたときには、イエズス様と同じ場所にでました。
そのときには恍惚状態になったそうです。
その様子を医者が確認しています。

▼聖痕が現れた時の映像
kobieta oddana Bogu ~神様に捧げられた女性~ 

▼ポーランドのテレビ番組のインタビュー
Myrna Nazzour. Mistyczka i stygmatyczka

[PR]
by NaszDomJaponski | 2014-05-26 00:15 | Our Prayer | Comments(0)

聖油と聖痕 〜Myrna Nazzourさんとのインタビュー〜

現在、シリアからポーランドを訪れているMyrna Nazzourさんと夫のNicolaさん。
お二人のインタビューをご紹介します。
ポーランドのテレビ番組で放映されたものを翻訳してテキストに起こしました。
小さなお土産のイコンから聖油が出たこと、彼女の体に聖痕が現れたこと。
神様の奇跡のみ業のお話です。
f0340134_21585762.jpg
▲写真:中央(Myrnaさん)右(Zygmunt神父様)

Gazeta Polskan ポーランドのテレビ番組 ↓↓コチラをクリック TYLKO U NAS - MYRNA NAZZOUR - CHARYZMATYCZKA W POLSCE
Myrna Nazzour(ミルナ・ナズル)とのインタビュー番組

f0340134_13220378.jpg
▲写真:左(Myrnaさん)右(夫のNicolaさん)

Myrna Nazzour(ミルナ・ナズル)とのインタビュー

Nicola Nazzour (夫)

Dominik Tarczynski (ドミニク・タルチニスキ)は聞き手です

Zygmunt Kwiatkowski神父。

f0340134_13223507.jpg


DT: 皆さん、こんにちは、今日は友達である人、ミルナ・ナズルさん 、彼女の旦那さんのニコラさんとゼイグムント神父をお招きできて、嬉しいです。友達との話なので、堅苦しいインタビューではなく、気軽な形式でお話をしたいと思います。ミルナさんがなぜポーランドにいらしたのか、なぜそれが喜ばしいことなのかお話したいと思います。ゼイグムント神父への質問から始めたいと思います。

神父、なぜミルナさんがポーランドにいらっしゃったかを教えて下さい。

Z: 自分が答えるよりミルナさんにその質問をします、よろしいですか?

M: 私はミルナという普通の女性です。カトリックの家庭に育ったので、子供の時からイエス様のことが知っていました。ただ、子供の時と現在では、イエス様の理解が違います。5人兄弟の家に育ちました。私は3番目の子供でした。兄と姉、弟と妹がいます。お祈りは家で覚えましたが、特別に熱心な信者ではありませんでした。教会に行き、讃美歌が大好きでしたが、お祈り会などには入っていませんでした。18歳になって結婚することになったので、大学で勉強はしませんでした。ニコラは私の初恋で、最後の恋でした(笑)。

D: それでは、なぜそんなに世界の国々へ行くことになりましたか?ポーランドは三回目ですね?

M: 夫は正教会信徒です。婚約した時から、夫のお母さんと姉妹が私を毎水曜日教会へ連れて行きました。私もニコラも賑やかな生活、音楽、ダンスなどが好きだったので、私がそんなに教会に行くことになって彼は驚きました。どういう結婚式をするかと考えた時、カトリック教会で結婚式を挙式し、その後、お金のかかる披露宴を開催するより、正教教会の伝統を利用して、神父様に家に来て頂いて、家で結婚することにしました。披露宴に使うべきお金で海外旅行をすることにしました。

D: その新婚旅行のとき、何かあったと聞いていますが

M: フランス、スペインとイタリアに行くことにしました。バチカンにも行って、見学しました。ニコラはドイツ語ができるので、ドイツのツアーの説明を聞きました。木造の告解室を見て、それがキオスク(販売店)だと思いましたが、私は告解室だと説明したら告解がしたいと言い、ドイツ語で告解ができる告解室に入って告解して、とても満足しました。

その時、とても驚いたことがありました。いきなりヨハネ・パウロ二世教皇がいらして、そのドイツ・ツアーの人たちと挨拶しました。巡礼だったらしくて、教皇が彼らのためにミサを預けることになりました。私たちはミサに預かるつもりがありませんでしたが、人がいっぱいで外に出ることが出来なくて、最後までミサに預かりました。とてもきれいなミサでした。ミサの後、人々が教皇を囲んで写真を撮っていましたが、人があまりにも多くて、教皇の近くに行けませんでした。あんなに近くいたのだから、祝福して頂ければよかったのに、と後に残念に思いました。

D:その時、例のイコン、オイルが出るイコンを買いましたか?

M:違います。あのイコンは、ニコラが私と結婚する前に、ブルガリアに行った時に買いました。その時、お土産としてイコンを10枚も買いました。

D: 皆さんに、ミルナさんとニコラさんがごく普通の人たち、普通の夫婦だと紹介したいと思いました。タブロイドがミルナさんの事を書くと、彼女は魔術を使って人を癒す女性だと紹介しているからです。神様の働きの結果だと思いますが。イコンのことを話して下さい

N: ミルナと結婚する前に、ヨーロッパを旅行したい友達は外国語が話せないので、一緒に行かないかと聞きました。一緒に行きました。トルコ、ギリシャ、イタリアに行って最後ブルガリアに行きました。もっと旅行したかったのですが、お金がなくなって、国に帰らなければならなくなりました。帰る前に、教会に行って神父様とドイツ語でお話しまた。教会を出たら、キオスクがあって、イコンがあったので、お土産として10枚買いました。シリアに帰って、一枚だけ取っておいて、残りを親戚にあげました。結婚後ミルナにその一枚あげました。

Z:私もこのイコンを見ました。安くて、小さくて、プラスチックのイコンともいえない聖母マリアの絵です。

N:とても安い絵でした。一ドルで四枚も買えました。

Z: その絵からある日、オイルが出始めました。お茶碗二杯ぐらいの量が出て、人が集まって不思議に思っていました。この絵の前に人が集まるようになって、警察がどういうことなのか見に来ました。絵の後ろにオイルがあるのではないかと思って、絵の片方を割りました。今も割れたままです。後ろに何もないと見て、帰りました。割れた絵からその後も、しばらくオイルが出ていました。

D: どれぐらいの量が出ましたか?

M:病院でミサをする神父様が、病院から注射器と薬の空瓶を持って来て、オイルを注射器で取って小さい瓶に入れました。瓶が何本もありました。

D:そのオイルが絵から出た時から、神様の様々な印が現れました。ミルナさんの手からオイルが出て、体に聖痕が現れました。オイルはどういう意味なのか?なぜこのオイルをつけた人が癒されたのか?

M: 私には分からないことです。神様のみ業だと思います。

Z:  人間は精神的な印だけではなくて、物理的な印も必要としています。確かに、中東の各国でよく見たことは、人がイコンのところまで来て十字架を切るだけではなくて、イコンを触り、触った手に接吻します。各教会に聖油があって、人がそれを綿に付けて家に持って帰ります。聖油は中東の教会の象徴です。

D:しかし、絵だけではなくて、ミルナさんの手からもオイルがでました。ミルナさんから出るオイルは魔術ではないかと考える人が現れると思いませんでしたか?

M:こういう心配はまったくありませんでした。逆に、家に来て絵から出ているオイルや私の手から出ているオイルを触った人の表情が変わったのを見て嬉しかったのです。今でも家に来たい人は大歓迎です。

D:あなたの体に聖痕が四回も現れましたが、その跡が残っていませんが、どういう時現れたのか、その時何を感じたのかを教えて下さい。

M: 最初は怖かったです。どういうものなのか分かりませんでした。しかし後で気がついたのは、聖痕は正教教会とカトリック教会が一緒に復活祭を祝っている時に限って、現れるということでした。私の天職は教会の統一を呼びかけることだと分かりました。聖痕がいきなり現れます。そのとき、辛い痛みも感じます。聖痕は毎回、イエス様と同じ傷の場所にであった両手、両足、脇と額に現れます。45時間あって、その跡なくなります。おっしゃったように傷跡も残っていません。

D:最近、ポーランドで、あなたについて出版された本によると、あなたの聖痕が他の聖痕のケースと比べて、一番よく研究されたものだと書いています。大勢の医者に診て頂いたからです。どういう医者があなたの聖痕を診ましたか?

M: 最初はシリアの医者に聖痕を診て頂きました。皮膚科とラボで傷を見て頂きました。その跡フランス、ドイツ、アメリカなどの医者も私の傷を診て下さいました。カトリック教会と正教教会が一緒に復活祭を祝う四旬節ごとにいろんな国の医者が私を訪ねに来ました。一つの傷が12センチもあったので、ある医者はこの傷を縫わなければならないと判断しましたが、夫が傷を縫わなくていいと言いました。開けた方が縫って下さるからです。聖痕は最後に現れた2004年にノルウェイの医者が診ました。信者ではありませんでした。傷を診て研究して、傷の原因は不明だと証明書に書きました。一人はクヌト先生という医者でした。未信者で神様を離れた人でしたが、私の聖痕を見て、ミサの時、私のところに来て、ご聖体を受けたいといきなり言い出しました。聖体は告解した後にしか、受けられませんと答えました。まず告解して、神父様と相談してくださいと言いました。イエス様のところに戻ることが一番大切だと彼に言いました。

D: 素晴らしいことですね。今日はミルナさんの短い話しか聞けませんでしたが、神様の神秘的な存在が、今現在でも感じられるということを理解することが大切だと思います。これからもミルナさんの体験について知りたい方がいらしたら、これからの滞在の日程を申し上げますので、ミルナさんに会いにいらして下さい。


(翻訳:Dorota Halasa, Saeko Inagaki)



[PR]
by NaszDomJaponski | 2014-05-22 13:24 | Our Prayer | Comments(0)

Kosciol jest Mistycznym Cialem Chrystusa i tak jak Jezus historyczny ~教会は神秘の聖体~

f0340134_21585762.jpgKosciol jest Mistycznym Cialem Chrystusa i tak jak Jezus historyczny,
Kosciol ma swoj poczatek - narodzil sie i rozwija.

Rozwoj ten trwa nieustannie i posiada rozne fazy,
niektore sa dramatyczne.

Kiedy zaczal Kosciol rosnac z uwagi na coraz wieksza liczbe tych ktorzy dawali wiare
dobrej nowinie o Jezusie Chrystusie,
a wywodzili sie nie sposrod Zydow,
ale z poganstwa , nagle pojawil sie bardzo wazny problem:

czy maja oni poddac sie obrzezaniu,
czy tez moga otrzymac Chrzest bez... niego?

Jak swiadcza o tym Dzieje Apostolskie,
kontrowersja byla widziana nie jako spor o blahostke,
ale o fundamentalna prawde, decydujaca o zbawieniu.

Zwraca uwage z jednej strony dostrzezenie tej kontrowersji i zdecydowanie w dazeniu aby ja rozwiazac,
z drugiej zas brak fundamentalistycznego zacietrzewienia i partyjniactwa.

Pojawily sie rozne zdania w Kosciele, krazyly przeciwstawne opinie,
ale wierzono w ich rozwiazanie, gdyz Kosciol nie jest niczyja prywatna wlasnoscia,
ale nelezy on do Boga i w Bogu powinien szukac odpowiedzi na wszystkie dreczace go pytania.

Pawel i Barnaba udali sie do Jerozolimy, na spotkanie autorytetow Kosciola, z apostolami na czele,
a idac tam dzielili sie po drodze z bracmi o tym co Bog czyni w Kosciele „poganskiego” pochodzenia.

Nie prowadzili oni zadnej akcji propagandowej, nie lansowali swoich tez i przekonywali do nich swoich sluchaczy,
ale mowili o tym co Pan Bog robi.

Radosc sluchaczy byla znakiem aprobaty Ducha Swietego Pocieszyciela, i rzeczywiscie ,
chrzescijanie pochodzacy spoza kregu zydowskiego ,
zostali uwolnieni od obowiazkow prawnych Starego Przymierza,
nie kwestionujac jego prawomocnosci i znaczenia .

Nie przeciwstawili sie Prawu i Prorokom, ale jak Chrystus szukali ich spelnienia w nowych warunkach,
nie odwolujac sie do swoich pomyslow, ale szukajac tego co sugeruje im Duch Prawdy,
ktory zostal dany Kosciolowi przez Chrystusa, aby Ten prowadzil Kosciol poprzez wieki do Ziemi Obiecanej,
to znaczy do spelnienia sie wszystkich obietnic jakie zostaly dane Ludowi Bozemu w jego historycznym marszu zbawienia.


O. Zygmunt Kwiatkowski
(na zdjeciu z Myrna Nazzour)


教会は神秘的な意味で イエス様の聖体です。
イエス様みたいに歴史があり、その始まりがあります。
教会が誕生し、徐々に展開しました。その展開が現在に至るまでまでずっと続いています。
教会史の中にいろんな段階があり、劇的な段階もありました。

今日の朗読のなかに、キリスト教の信者が増え、ユダヤ人ではなくて、異邦人が多かったため、
彼らが割礼を受けなければならないのか、それとも割礼なしに洗礼を受けることが出来るか、という問題が現れました。

使徒たちの宣教によると、論争がささやかな問題ではなくて、激しい意見の対立と論争になりました。
教会の
根本的な問題、復活そのものにかかわる問題として扱われました。
問題は激しくなりましたが、そのお陰で協議をする意志がありました。
憎しみと過激的な態度がありませんでした。

教会の中にいろんな意見が現れて、対立した意見があっても、皆が問題を解決するために努力しました。
教会は誰かの持ち物ではないからです。教会は神様のもので、神様の教えに解決を探さなければなりません。

この件について使徒や長老たちと協議するために、パウロとバルナバ、そのほか数名の者がエルサレムへ上ることに決まりました。
途中、神が自分たちと共にいて行われたことを、ことごとく報告し、異邦人が改宗したことを喜びました。

自分の出来事を自慢そうに話したことではなくて、
神様が行われたことを喜んでいました。
それを聞いた人の喜びは聖霊の働きの喜びでした。
その喜びと聖霊の働きのおかげで、異邦人は割礼しなくていいという結論になりました。

旧約の割礼についての規則は無効になりましたが、旧約自体の意味は無効になりませんでした。
誰も預言者のお言葉と旧約の有効性に反対しませんでしたが、
イエス様のように新しい状況の中で神様の意志と真実の霊を模索していました。
その真実の霊とイエス様の教えが世々に復活の行進で、教会を約束の地に連れて行きます。



Zygmunt Kwiatkowski神父
(na zdjeciu z Myrna Nazzour)


[PR]
by NaszDomJaponski | 2014-05-21 22:16 | Fr.Zygmunt's Voice | Comments(0)

Wszystkiego najlepszego z okazji Urodzin pani Myrny Nazzour.

f0340134_20283264.jpgWszystkiego najlepszego z okazji Urodzin pani Myrny Nazzour. Niech Ja Pan Bog i Matka Boska prowadza. Niech blogoslawia jej krajowi Syrii, niech przyniosa pokoj.Ponizej cudowna Matka Boska z Safanieh, czyli domu Myrny. Na tym obrazku i na dloniach Myrny wielokrotnie pojawiala sie oliwa,

Happy Birthday to Myrna Nazzour! Dear Myrna may God and Mother Mary bless you and your country Syria. May they bring peace to Syria and all its people. Below picture of Our Lady of Soufanieh at Myrna`s home. Oil flew from the picture and hands of Myrna many times.

今日はミルナ・ナズール様のお誕生日です。ゼイグムント神父の友達で、シリア人です。彼女の家にある下にアップした聖母マリア様の絵とミルナ様の手から何回もオイルが出ました。ミルナ様、お誕生日おめでとうございます。神様と聖母マリアがあなたとあなたの国、シリアを祝福されますように


[PR]
by NaszDomJaponski | 2014-05-03 20:27 | Our Friendship | Comments(0)