O.Zygmunt Kwiatkowski w Japonii 2014

Fr.Zygmuntの日本滞在の写真をスライドショーにまとめました。
四旬節から復活祭、そして聖ヨハネ・パウロの列聖の喜びに共に与れたこと、
忘れがたい春の一ヶ月となりました。
神様に感謝です。

BGMは藤原歌劇団の家田紀子さんにご協力をいただきましたこと
この場に代えて御礼申し上げます。




BGM by Noriko IEDA
Salve REGINA


SalveRegina,
Mater misericordiae:
Vita, dulcedo et spes nostra, salve.

Ad te clamamus exsules filii Hevae.
Ad te suspiramus, gementes et flentes in hac lacrimarum valle.
Eia ergo, advocata nostra,
illos tuos misericordes oculos ad nos converte.
Et Jesum, benedictum fructum ventris tui, nobis,
post hoc exsilium ostende.

O clemens:
O pia:
O dulcis Virgo Maria.



祝されよ
天の元后、
あわれみ深い母よ。
お目をお留めください。わたしたちの命、喜び、希望よ。

楽園から追放されたエヴァの子であるわたしたちは、あなたに叫びます。
わたしたちはこの涙の谷で嘆き泣き、あなたにおすがります。
それゆえあなたは、わたしたちのとりつぎとなる方です。
あなたの憐れみ深い目を、わたしたちにお向けください。
そして追放の身(この世)を終えた後、
祝福されたあなたの胎内の御子イエスを、わたしたちにお示しください。

おお、あなたは慈悲深い方。
おお、あなたは敬けんな方。
おお、甘美なおとめマリアよ。

[PR]
# by NaszDomJaponski | 2014-05-03 21:53 | Our Friendship | Comments(0)

3rd May, 2014 Fr.Zygmunt's Voice from Poland

f0340134_21250570.jpgStanie pod krzyzem” nie jest bezsensownym staniem, gdy jest sie z Matka Jezusa, bedac „uczniem ktorego miluje Jezus” . Owszem, nikt z nas sam z siebie nie moze powiedziec, ze jest „umilownym uczniem Chrystusa”, bo byloby to pyszna uzurpacja i zarozumialstwem. Mozemy jednak wierzyc, ze tak wlasnie jest dzieki Duchowi Swietemu ktorego dzielimy z Jednorodzonym Synu Boga w ktorym Bog ma UPODOBANIE” o...raz nalezac do „domu Jana”, do Kosciola , w ktorym koncentruje sie misterium Jego krolowania, posiadajac wymiar sakramentalny.

Standing under the Cross of Christ isn’t useless if we stand there with Mary, His Mother , being ourselves beloved daughters and sons of God, as Apostle John was. This mystery finds in us its fulfillment in the mystery of the Church, the real and mystic HOUSE OF JOHN, house of the beloved disciple of Christ.

Put in evidence in your home image or sculpture of St.Mary ( it will be nice if there will be St.Mary from Akita ( Our Lady of all nations ), Mother of Christ and our mystical Mother.


今日はポーランドで聖母マリア  ポーランドの王女の祝日です。
その故に聖書のお言葉が違っていてヨハネ19、25-17です:

「さて、イエスの十字架のそばには、イエスの母と、母の姉妹と、クロパの妻マリヤと、マグダラのマリヤとが、たたずんでいた。


イエスは、その母と愛弟子とがそばに立っているのをごらんになって、母にいわれた、「婦人よ、ごらんなさい。これはあなたの子です」。


それからこの弟子に言われた、「ごらんなさい。これはあなたの母です」。
そのとき以来、この弟子はイエスの母を自分の家に引きとった。」


(O.Zygmunt Kwiatkowski)



[PR]
# by NaszDomJaponski | 2014-05-03 21:39 | Fr.Zygmunt's Voice | Comments(0)

Wszystkiego najlepszego z okazji Urodzin pani Myrny Nazzour.

f0340134_20283264.jpgWszystkiego najlepszego z okazji Urodzin pani Myrny Nazzour. Niech Ja Pan Bog i Matka Boska prowadza. Niech blogoslawia jej krajowi Syrii, niech przyniosa pokoj.Ponizej cudowna Matka Boska z Safanieh, czyli domu Myrny. Na tym obrazku i na dloniach Myrny wielokrotnie pojawiala sie oliwa,

Happy Birthday to Myrna Nazzour! Dear Myrna may God and Mother Mary bless you and your country Syria. May they bring peace to Syria and all its people. Below picture of Our Lady of Soufanieh at Myrna`s home. Oil flew from the picture and hands of Myrna many times.

今日はミルナ・ナズール様のお誕生日です。ゼイグムント神父の友達で、シリア人です。彼女の家にある下にアップした聖母マリア様の絵とミルナ様の手から何回もオイルが出ました。ミルナ様、お誕生日おめでとうございます。神様と聖母マリアがあなたとあなたの国、シリアを祝福されますように


[PR]
# by NaszDomJaponski | 2014-05-03 20:27 | Our Friendship | Comments(0)

Barka ~「主は水辺に立った」~

Barka

piosenka religijna, do której słowa napisał w 1974 salezjanin, ks. Stanisław Szmidt.ポーランド・サレジオ教会のStanislaw Szmidt神父が1974年に「主は水辺に立った」の歌詞を書きました。聖ヨハネ・パウロの一番好きな歌の一つでした。
Fr.Zygmunt神父様も大好きなこの歌は日本語のごミサでも定番の聖歌です。

神父様の日本滞在中、お散歩の帰り道、食事の後、いろんなシーンで口ずさんでいらっしゃいました。

Fr.Zygmuntの帰国の前に、シスターとagnieskaさんと一緒にあずかったごミサの閉祭の歌として
「主は水辺に立った」を歌いました。

小さな私たちの心に いつも寄り添ってくださる イエズス様のお姿を思いながらポーランド語と日本語の歌詞を交互に心をこめて歌いました。


[PR]
# by NaszDomJaponski | 2014-05-03 15:17 | hymn 聖歌 | Comments(0)

Sobotnia modlitwa ~土曜日の祈り~

f0340134_11385655.jpg Sobotnia modlitwa

sobotnią wiązankę z modlitw
czekając aż narodzi się niedziela
składam obok Twojej modlitwy Maryjo
w jeden bukiet komunii i rozumienia

czekamy razem
aż z naszego milczenia
narodzi się niedzielna Eucharystia




土曜日の祈り

マリア様 
土曜日のお祈りを花束にして
あなたの足元に捧げます
日曜日が訪れるのを待ちながら
あなたのお祈りのそばに
自分の共同体と理解の花束を捧げます

私たちの黙想から日曜日のミサが生まれることを
一緒に待ち望んでいます


(O. Zygmunt Kwiatkowski)


[PR]
# by NaszDomJaponski | 2014-05-03 13:25 | Fr.Zygmunt's Poem | Comments(0)